家計簿で無駄がみつかる

家計簿つけていますか
家計簿で無駄がみつかる

仕事が休みになるお正月に、家計簿を締めることにしています。
一年の間に入ってきたお金、出て行ったお金を項目ごとに集計し、
使っている家計簿に月ごとに記入していきます。

1年をまとめたものを振り返ると、お給料自体はあまり変化がないのに
税金や社会保険料など「天引きされている金額」が増えていて、
実質お給料が減っているんだなあと実感します。

「年額で考える」「去年と比較する」、これって意外と大事なことだと思います。
我が家の場合なのですが、年間の出費の中で水道光熱費の割合が高くなったな…と感じた年がありました。
よく見ると、電気料金が上がっています。
子供たちがそれぞれ自分たちの部屋で過ごすことが多くなったからでした。
早速、家族が集まる夕飯時にその話をし、

・自分の部屋に行くときは、最後の人が居間のテレビは必ず消すこと
・クーラーを使うときは居間でつけること
・廊下、階段、誰もいない時の居間の照明は消すこと

を徹底してもらいました。

また、ほとんど利用していない「固定電話」。
今みんな携帯電話で、何かの登録にも携帯電話番号を記入しているため
いっそ解約しようか…とも考えました。
ただ、子供の学校があるので当面は契約したままにすることとし、
その分余計なオプションを削って(キャッチホンとか)、ひと月700円出費を抑えました。

ひと月では「たった」700円ですが、年間で考えると8400円。小さい額ではありません。
しかも一回手間で自動的に節約できるのだから、する価値ありますよね。

日々の暮らしでは気が付かないことも、一年を通じた家計簿の数字から見えてくることがあるなあと思ったのでした。