市販の記入式家計簿

家計簿つけていますか
市販の記入式家計簿

書店に家計簿が並び始めるとどれにしようか迷ってしまう私。
結局毎年同じものを買うのですが、本屋さんの前を通るたびに何となく見てしまいます。
毎年新しい家計簿も出るし、なんとなく家計簿のコーナーを眺めるだけでも楽しいんですよね。
「来年は楽しい生活にしたいな」という希望が膨らんでくるからでしょうか。

以前は、1月から始まるタイプの家計簿をつけていましたが、
ある年から「自分で日付を記入するタイプ」にしました。

というのも、歳の離れた私の姉が、
「うちの家計簿のスタート日は、3月25日なの」
と教えてくれたことに「なるほどなあ」と思うところがあったからです。

子供が幼稚園に入るのはたいてい4月。
学生の間はだいたい4月始まりですよね。だから4月スタートのほうが
「1年間かかった教育費を正確に捉えられる」
と。

そして、「消費税など上がるのも4月」。企業も公官庁も4月スタートが多いですもんね。
さらに、「お正月は臨時の出費も多いし、バタバタしていてじっくり家計に向き合えない。
だったら3月に来年度の自分の家の予算立てをして、4月スタートのほうが
『流されない』家計にできると思うんだよね」。

確かに、元旦スタートの家計簿が半分以上だと思うのですが、
別に1月からつける必要もないんですよね。
というわけで我が家も、とりあえず子供の学資が終わるまでは4月始まりのつもりです。
本当に、学校の集金計画など心づもり出来て、その点いいと思います。