家計簿を日記代わりにつける

家計簿つけていますか
家計簿を日記代わりにつける

我が家では、今は食事を工夫してなるべく安く(もちろん、栄養面で偏りのないのが基本ですが)抑え、 光熱費も無駄をなくしてその分貯金し、「遊ぶこと」に使いたいと思っています。
「子供と一緒にいられる時間は思うほど長くないよ、中学校へ行ったら土日も部活や 受験勉強で一緒に出掛ける機会もめっきり減るよ」と会社の人に言われたことがきっかけです。

使っている家計簿に小さな日記欄があるので、そこに夕食の献立や、習い事で合格した日、
日帰り旅行のことなどを記入していたら、ある日息子がそれを見つけました。

過去の家計簿をめくって、
「お母さん、この日は『鎌倉旅行』って書いてある、この日お昼に生しらす丼食べたんだよね」とか、
「この日、スイミングで合格して焼肉行ったんだよね」とか、食べ物の(笑)記憶ばかり。
それでも楽しそうに話をする息子を見て、これは活きたお金の使い方なんだな~と実感することができました。
「これ、欲しい」と家計簿を欲しがるので笑ってしまいましたが、ただでさえ男の子、
いつか巣立ってしまう日が来ても「子供の頃おいしいものたくさん食べに行ったな」という記憶は
忘れないでほしいです。

日記代わりに書いておくと意外に便利なのが「美容院へ行った日」(マッサージや整体なども)
記憶だけを頼りにしているといつ行ったか忘れてしまうものですが、
「そろそろ行こうかな」と思った時、「いや、でも前回からそれほどたってない、次のお給料もらってからにしよう」など 次回の予定を決める目安になるのでオススメです。